1960s USAF N-3Bフライトジャケット Fモデル〝AIR FORCEマーク〟 表記MEDIUM [E19-12-52]

1960s USAF N-3Bフライトジャケット 
Fモデル〝AIR FORCEマーク〟 
表記MEDIUM
[E19-12-52]

販売価格: 43,780円(税込)

《62y USAF N-3B FLIGHT JACKET /〝F〟MODEL》





60年代製US.AIR FORCEのN-3Bフライトジャケットです。


N-3は極寒地用のフライトジャケットとして開発されたナイロン製の飛行服です。

そんなN-3の最終モデルとなったのが、今回ご案内のN-3Bになります。


今回60年代製のFモデルと呼ばれるモノで、

スペックMIL-J-6279F(USAF)、コントラクトDSA-1-418-C-62、メーカーはSOUTHERN ATHLETIC CO.,INC.になります。


フードはコヨーテファー仕様となり、生地は100% NYLONで

尚且つ貴重なAIR FORCEマーク付きです。


コヨーテファーと言う点は勿論

生地も60年代後半頃からはコットンナイロンに変わって行くと同時に

カラーもこちらのセージグリーンからオリーブグリーンへと変わってきます。

100%ナイロンのセージグリーンと言う点も評価ポイントですね。


サイズ表記はMEDIUMとなりますが大きすぎず

実寸的には需要の集まるサイズ感となりますので

お探しのお客様も少なくないと思います。


ジッパーについてですが、

フロント・シガレットポケット共にCONMARになります。

USEDになりますが、コンディションは良好と言えると思います。


少し話しが脱線しますが、

N-3BはN-3からN-3AへN-3AからN-3Bへとモデルチェンジされた訳ですが、

N-3AからN-3Bの主な変更箇所としてはフロントの遮風フラップが縮められ、

5つボタンから4つボタンになり可動域が広がりました。

また、ウエスト部分の外側についていたドローコードは

内側に内蔵され中で絞り上げる仕様となりました。

袖リブは内側に隠れる仕様となり保温性やリブの耐久性が向上する仕様へと変更されました。

エアフォースブルーからのカラー変更は一目瞭然なので言うまでもないですね。

その他、細かい事を言い出せば切りがないですし

私の知識外の事もまだまだ沢山ありそうですのでこの辺にします。


何れにしてもN-3Bは大本命のアウターで間違いないです。

真冬であっても日本国内でN-3Bを着て過ごせない場所は無いはずです。



PRICE ¥39,800+TAX



■詳細■
年代:1960s (1962年)
生産国:USA
カラー:SAGE GREEN
ZIP:CONMAR
フード:コヨーテファー
素材:100% NYLON
ディテール:AIR FORCEマーク付き
スペック:MIL-J-6279F(USAF)
コントラクト:DSA-1-418-C-62
メーカー:SOUTHERN ATHLETIC CO.,INC.


■サイズ■
表記   MEDIUM
身幅  約64cm
着丈  約79cm
裄丈  約86cm
多少の誤差は御了承下さい。

着用モデル 身長178cm 体重70kg


■状態■
USEDになりますので使用感はございます。フードのコヨーテファーに一部毛の短い箇所、フードのドローコードが欠損、フロントフラップ一番下のループに切れ、フロントや裾・袖・袖口に多少の汚れ、裾に僅かな傷がございますが、着用用途など考慮しますとコンディションは良いと言えると思います。


詳細画像

1960s USAF N-3Bフライトジャケット 
Fモデル〝AIR FORCEマーク〟 
表記MEDIUM
[E19-12-52]

販売価格: 43,780円(税込)

FOLLOW US