1940s US AAF TYPE B-11フライトジャケット 表記40 [E19-12-58]

1940s US AAF TYPE B-11フライトジャケット 
表記40
[E19-12-58]

販売価格: 65,780円(税込)

数量:
《40s US.ARMY AIR FORCE TYPE B-11 FLIGHT JACKET》





40年代製US.ARMY AIR FORCE TYPE B-11フライトジャケットです。


TYPE B-11はB-9と同時期に採用され

ヘビーゾーンからベリーヘビーゾーンでの使用を目的として登場しました。


それまでシープスキンをメインマテリアルとしていた

TYPE B-7及びB-3の課題となっていた

コスト面と耐久性をカバーし補完的役割を果たしたのが

今回ご案内のTYPE B-11やB-9となります。


時代は革製から布製の飛行服へと変わって行きました。


そして後にナイロン製のN-3へと引き継がれる事になります。


さて、今回ご案内のB-11ですいが、

スペックSPECIFICATON NO.3178、コントラクトORDER NO. (30-053)44-10473、

メーカーはW. & C. CLOTHING CO.になります。


コットン製でライニングにはアルパカが使用され、

フードはムートンライニング仕様となり、

同じくムートンが付くチンストラップが装備されています。

フロント前立の裏側にはAIR FORCEマークのスタンプが残ります。


袖口にダメージが見られるものの

ライナーのアルパカやムートンの状態が良いのは高評価ですよね。

また、CONMAR社製コの字留めのジッパーも

開閉はスムーズでジッパーテープにもホツレがない完品となります。

フードのウインドフラップのボタンがひとつと

フロントのウインドフラップの一番下のボアンに割れがございますが、

総合的に判断すると良い状態と言えると思います。


サイズ表記は40となりますので、

一般的に少々大きめと言われるサイズになります。

しかし、考えようによっては40なら着れるサイズとも言えますよね。


私が着用してみて、

好みははもうワンサイズ小さい38かなと言う印象でしたが、

40でも普通に着用できるサイズ感ではありました。


前回冬の大本命のアウターとしてご紹介させて頂いた

N-3Bの先駆となるモデルとなりますので、

N-3B同様に又はそれ以上に暖かくお過ごし頂けるはずです。


何れにしても-50〜-30度のベリーヘビーゾーンにも

対応するスペックとして凡そ80年前に採用されたフライトパーカーですので、

真冬であっても日本国内で過ごせない場所は無いはずです。



PRICE ¥59,800+TAX



■詳細■
年代:1940s
生産国:USA
カラー:オリーブドラブ
ZIP:オリジナルレザープルの付くCONMAR社製コの字留め
素材:コットン
ライナー:アルパカ
フードライナー:ムートン
ディテール:フロント前立裏面にAIR FORCEマークのスタンプ
スペック:SPECIFICATON NO.3178
コントラクト:ORDER NO. (30-053)44-10473
メーカー:W. & C. CLOTHING CO.


■サイズ■
表記   40
身幅  約68cm
着丈  約79cm
肩幅  約58cm
袖丈  約64cm
多少の誤差は御了承下さい。

着用モデル 身長178cm 体重70kg


■状態■
USEDになりますので使用感はございます。袖口にダメージ、フードのウインドフラップのボタンがひとつとフロントのウインドフラップの一番下のボアンに割れ、フード付け根に僅かなステッチホツレがございますが、ライナーのアルパカやムートンの状態は良く、着用用途など考慮しますとコンディションは良いと言えると思います。


詳細画像

1940s US AAF TYPE B-11フライトジャケット 
表記40
[E19-12-58]

販売価格: 65,780円(税込)

数量:
FOLLOW US